お部屋の選び方

毎月の予算を計画しよう

1ヶ月のお支払いは、家賃、共益費だけでなく、光熱費や水道代、駐車場代などもかかりますね。 水道代などは共益費に含まれている場合もありますし、駐車場代は1台無料という物件もあります。 もちろん生活費も必要ですから、両親やお友達と相談して、ゆとりのある快適な新生活ができる ように充分計画しましょう。

場所を選びましょう

お勤め先、学校の場所から考えるのが基本ですね。やはり徒歩圏内の物件から探してみましょう。 電車の場合は2〜3駅以内が理想ですが、それより遠くても急行や快足だと速いといった事も よくあります。その場合は交通費がかかりますので、鉄道会社に問い合わせて定期代がいくら かかるのかを確認しておきましょう。

間取りを選びましょう

いよいよ間取りです。必要な広さを決めましょう。ただ広さは希望通りでも、部屋のレイアウトが 希望通りではないと生活しにくい場合があるかもしれません。間取り図をよく確認しましょう。 物件検索から気になる物件があれば積極的に問い合わせをしてみましょう。 メールでPDFの間取図面を送ってくれるので、新生活をシュミレートしてみましょう 。

間取りの表示で1Kなら、ひとつの居室と、その部屋の外にキッチンがあり、ふたつが仕切られている タイプ。1Rはいわゆるワンルーム。ひとつながりの部屋で、一部がキッチンになっているタイプ。 DKはダイニングキッチン。ダイニングは食事、キッチンは台所の事、つまり1DKは、居室ひとつと 台所兼食事室。DKとLDKの違いは広さ。はっきりとは決まっていないけれども、目安としては8〜10畳 以上ならLDK、未満ならDKと表示される事が多い。

設備を確認しましょう

建物によって設備は大きく異なります。確認のポイントはやはり優先順位を決めておく事。 自分自身にとって絶対にこれだけは必要という設備をリストアップしておきましょう。 そうそう、お部屋の雰囲気も大切ですね。最近ではインターネットの技術を駆使した パノラマ画像を掲載しているお部屋も多いので、是非確認しておきましょう。